自分で出来る脱毛方法

自分で出来るムダ毛処理とは?

ムダ毛を自分で処理する、脱毛する方法は様々なものがあります。いつでも気が向いたときにできるような、簡単な方法も沢山あり、多くの人がその方法で毛を処理しています。その中でも、自分でできる脱毛方法のなかで比較的長い期間、毛が生えないという方法を紹介します。

〜ワックス脱毛〜

市販の「ワックス脱毛」という部類の商品を使用して脱毛する方法です。
ワックスと呼ばれる、クリームやジェル状のものを脱毛したい部分に塗布します。塗布したものを乾かすと、シールのように剥がすことができます。その、シールを一気に剥がすということによってその部分の毛の脱毛ができる。というような仕組みです。

カミソリで剃ったときのように、黒いポツポツが残りにくく、比較的キレイに脱毛することができますが、産毛などの細い毛への効果はあまり期待できません。毛が濃い人や、広範囲の脱毛をしたいというかたに向く脱毛方法です。次に毛が生えるまで、およそ2週間〜3週間かかるようになり、カミソリに比べると脱毛効果は持続するようになります。

〜ワックス脱毛の問題点〜
一気に広い範囲が脱毛できるのですが、その分、肌に負担もかかりやすいです。
ガムテープを肌にくっつけ、ひき剥がしたときのようなかなり強い痛みを伴うようになります。アトピーや敏感肌などといった、肌の弱いかたの場合は赤みを帯びたりかぶれたりといったトラブルも生じる事があります。清潔な場所、状態で行わないとバイ菌が入り炎症を起こすこともあります。

〜電気脱毛器による脱毛〜

電気屋に売っている電気脱毛器によって脱毛するという方法です。
電源を入れると、本体が皮膚を押さえポイント的に毛を抜いていくという方法です。毛抜きを使用するよりも短時間で脱毛することができます。毛が濃い人や、平らな部分が多い箇所(脚や腕など)に向いている脱毛方法です。毛根まで処理をすることができるため、脱毛効果は2週間〜3週間持続します。

黒いブツブツとしたものが残りにくく、カミソリで剃るよりもキレイに脱毛することができます。
ワックス脱毛に比べると肌への負担は少ないです。

〜電気脱毛器による脱毛の問題点〜

毛抜きよりも早く、効率よく脱毛できる電気脱毛器ですが、その痛みは激しいものとなります。我慢することができず、使用を中断するといったかたもかなり沢山居ます。

痛みがあるということに関しては、仕方がないと諦める人も居ると思いますが更に肌を傷付けるという問題点も加わります。細い毛や産毛などという毛は、機械が掴むことができず、そのまま残る場合がほとんどです。

毛抜きと一緒のような方法なので、電気脱毛器で脱毛をすると毛穴がぽっかり開いた状態になります。清潔にすることと、毛穴引き締め成分の配合されたローションなどをしっかりと塗布し、乾燥を防がないと肌トラブルの原因となります。

脱毛器選びオススメサイト

エステやクリニックの脱毛に比べリーズナブルと言われる脱毛器を使った自宅での脱毛ですが、安いといっても脱毛器も大体数万円のお値段。

しかも色々な種類が出ているのでどれを選んだらよいか迷いますよね?

自分のニーズに合った脱毛器を選ぶ為にもネット上の実際に使用した人のレビューはとても参考になります。

脱毛器の選び方を紹介するサイトはたくさんありますので、是非参考にしてみて下さい。

その他様々な脱毛方法があり、費用もエステでの脱毛に比べるとリーズナブルです。
しかし、頻繁に自己脱毛によってムダ毛処理をしていると肌荒れや黒ずみ、乾燥などといった肌トラブルの大きな要因となります。



トップページ
脱毛方法の紹介
脱毛方法比較-メリット・デメリット
初心者の注意点
料金
オススメ脱毛エステ
脱毛する事によるメリット
アフターケア
自分で出来る脱毛方法
人気脱毛エステ紹介
人気脱毛器紹介

最新情報

2011/11/15 サイトアップ

このサイトについて

はじめて脱毛する人の為の基礎知識をまとめたサイトです。